読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blut unt Weiß

伊藤計劃に感化された一連の文章の群れ。日記、少年マンガを中心とするオタク趣味の感想および世界を変えるための文章が置かれる。御口に合いますれば幸い

ジャンプ19号の感想+α

「いずれお前も知るだろう。

常勝の憂い、称賛の苦痛、背負うものの重圧、

孤立と苦悩、やがてお前は努力を無意味に、勝利を虚しく感じるだろう」

「強く、ただ強く!

勝利を望め!

強く!ただ強く!」

ピンポンTHEANIMATIONよりドラゴン

 

 毎週好例(にしたい)、ジャンプの感想いきます。

 

  • ハイキュ-

 おもしろい

 

  • 僕らのヒーローアカデミア

 切島君、いやレッドライオットかっけぇ。あぁいうかてぇのはわたしにとっては天敵のひとりだ。何せ我が刃が通らねぇ。柔(やわら)で仕留めるしかねぇが、自信なし。正直うらやましくはあるな。

 

  • 左門君は召喚士

 もうボス戦か。早い。左門君はシリアス展開に入ると掲載順位が落ちているような気がしてならんが、大丈夫なのか。掲載順位は何週前が反映されているのか?例によってというべきか、左門君よりベルゼビュートに肩入れしたくなる不具合が生じている。

 

 紀ノ國寧々は、やはり負けるのか?気に入らん。初戦で主人公と当たるということはほぼそういうことだが、とくにこの団体戦のルールを鑑みるに間違いなさそうだが、気に入らん。一色先輩も気に入らん。どこがとはっきり言いにくいが何となくあのイケメンは気に入らん。本気を出さないやつは気に入らん。だが、見事な包丁さばきだ。わたしは末席とはいえ己と刃物を同化させようとしている身だ、わかるぞ。だがな、気に入らんな。さて、そばの方はどうなることやら。そばが食いてぇな、うまいそばが。もうそばの味を忘れたよ。好物なのにな。

 

 熱いな。わたしは不良の更生物語が嫌いだ。だから空手使いについては過去のことは無視させてもらう。勝て、強く、勝利を望め。必要なものはそれだけだ。勝って、笑え。

 

 

 こっからは+αの話。

 

  • 刃牙道(チャンピオン)

 惜しかったな。隊を立て直したまでは良かったが、すぐさま指揮官が再び狙われてしまった。そして、二刀解放。

「オイオイオイ」

「死ぬわ、あいつら」

 

  • 最近のFGO

 土方さんが強いかっこいい欲しい。フレンドが幾人か引いてくれたので、ラッキーではある。周回はターンはかかっても面白くやりたいので、オジマンディアス、ランスロット狂、フレ土方さん、予備の小次郎で回っている。オジマンディアスもランスロットも「うるせぇ!」ので土方さんとの相性は面白いという意味で抜群だ。カレスコを入手してからようやくランスロットが前線に出せるようになった。宝具の星を土方さんまたは本人に集めて殴るだけで十万のドラゴンが吹っ飛ぶのは気分爽快と声を大にして言いたい。ボスの黒ひげも土方さんの宝具一発でたいがい吹っ飛ぶ。

「俺が、新!撰!、ぐみだぁぁああ!!」

うん、気分、爽快。宝具ボイスは二種類あるようだ。矜持と書いて狂気と読む、そんなキャラだな、土方さん。サイコーだ。

 が、やはり自分で引きたい。最初で最後の十連なるか、石をあと五つ、どこで・・・せめて☆4でだれか新しいメンツを・・・

 

 アニメとか。

 

 本屋でみかけ、いずれ手を出そうと考えているうちに先にアニメ化してしまった。実在古流剣術流派登場と聞いたので、個人的に外せない。が、少し危ない雰囲気。人には薦められないかもしれない。まぁまだ一話しか観ていない。次を楽しみにまつとしよう。あまり知らない流派ばかりなのも知的好奇心という意味で楽しみだ。タイ捨流に特に興味引かれる。

 

 アニメしか追っていないので話がわからんことばかりだ。壁の中に巨人?巨人によって巨人から守られていた?司祭は何を知っている?なんにせよ、何者かの悪意を感じざるを得ない。そうだ、わたしはヒトVSヒトが観たい。獣だのセルリアンだのはいわば自然災害。たしかに困難に立ち向かう話は面白い。それは認める。だが、人間の敵はやはり人間なのだ。人が、人を、殺すのだ!あははははははは!!

 

 

 

 

気分は盛り上がってきたが、この辺で。

 

おわり。