読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blut unt Weiß

伊藤計劃に感化された一連の文章の群れ。日記、少年マンガを中心とするオタク趣味の感想および世界を変えるための文章が置かれる。御口に合いますれば幸い

ジャンプの感想でも

 我は空、我は刃、我は人の身を捨て、修羅と化す。自ら真名を捨て、亜人(あじん)を名乗らん。

姓は門倉、名は亜人(アァト)、我、悪を断つ剣(つるぎ)なり。

 

 

 書くことがない。二月、三月と連ちゃんで体を壊し、十年ぶりぐらいに病院に行ったので、病床に伏せ続けたため何もできなかった。伊藤計劃よろしく闘病ブログにしようかとも思ったが、やめておいた。たしかにこのブログは伊藤計劃リスペクトでスタートしたが、ブログを書く元気もない程であった。日本の自殺理由のトップを知っているか?二位が生活苦で一位が病苦だそうだ。納得したよ。死ぬような病でなくとも内蔵の苦痛は耐えがたい。みんな、健康診断とかに行こうな!

 というわけで書くことがない。あった試しもないか。ジャンプの感想を書く。

 

 火の丸相撲がずっと熱い。すごい。今週は辻だ。肺に持病を抱え20秒しか全力で戦うことのできない、期間限定の最強力士。熱い、あついねぇ。これは勝ちましたな。

 

 左門君がシリアス展開に入っている。わたしはマステマが好きでな。まさかこんなに早く出番があるとはおもっていなかったので大変うれしい。これが僥倖というやつか?左門君はシリアス展開こそが面白いと思っているのだが、シリアスに入ると順位が下がっているように見受けられる。また「あの」ジンクスだろうか。勘弁してほしい。左門君は来週から回想に入るようだが、これも順位が揺らぎやすいみたいだ、頑張って人気作品になってほしい。主人公がクズという変化球マンガに見えるが、ギャグやシリアスの展開などは「荒木飛呂彦の漫画術」の見地から見ればきっと王道だ。がんばれ左門君、がんばれマステマ

 マステマのウザ芸が愛おしい。あとルキフグスがかっこいい。やはり日本刀は良いものだ。

 余談だが、今週のマステマの二度にわたる神回避シーン、あれは実に良い。見て、判断して、それから躱すのでは到底間に合わんところ、怖気、殺気を感じて予め躱す。正しい。予め躱してもあのクラスの攻撃はジャスト回避になってしまうようだが。あれはファンタジーではないぞ?現実に我々の世界に存在する訓練で身につく技術だ。ゆえにリアルでよいシーンだった。見聞色の覇気のようなものだ。この話長くなりそうだし本筋と関係ないからやめるね。

 

 ジャンプの話は飽きた。刃牙の話をする。

 武蔵VS機動隊が始まった。装備に頼りすぎるとろくでもない死に方をする、という好例となってしまったな。南無。なんで装甲車から降りた!?まずヘリでぶっ放せばよいものを。とにかくあれはサットだかスワットだかの失策だ。武蔵に対して人として対峙するのは愚策オブ愚策である。絶対に乗物から降りてはいけない。死ぬぞ。装甲車でひき殺すなり、ヘリからスナイプするなりしろ!

 とにかく武蔵が強くて強くて面白い。なんか刃牙とか独歩とかが守護るとかなんとか先週か先々週に宣っていた気がするが、どうするのか、何を守護るのか。多分機動隊を守護ると言ってるのだろうが。武蔵から守護れると!?無駄無駄ァ!とにかくこれからも刃牙道から目が離せん。もっと、もっともっともっと武蔵には人を斬っていただきたい。

 

 

 本当はこのあとけものフレンズの話を書こうと思ってここまで書いて保存していたのだが、あっという間に次の月曜日になってしまった。上記のジャンプは先週の話である。けものフレンズについては今回は何も言わないでおこうと思う。語るべきことは何もないように思われた。わたしがすべきことはただ、視聴することだけだ。

 

おわり