読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blut unt Weiß

伊藤計劃に感化された一連の文章の群れ。日記、少年マンガを中心とするオタク趣味の感想および世界を変えるための文章が置かれる。御口に合いますれば幸い

伊藤計劃キャラについての戯言

 今朝の思い付きを徒然なるままに垂れ流す。

 虐殺器官の主人公、クラヴィス・シェパードとボス、ジョン・ポールとハーモニーの主人公、霧恵トァンとボス、御冷ミァハ、この四項関係についての戯言。

 

 クラヴィスとトァンとが伊藤計劃本人と似ている、ということはハーモニーの後ろに解説から、ほぼ間違いないだろうと思う。そういう言い方はしていないが、そうとらえても問題なかろう。しかしはわたしはこの二人は似ているけども、なにかが決定的に違うと感じていた。別のキャラクターなのだから、違うのは当たり前だといえなくもないのだが、そう単純な感覚、違和感ではなかった。

 しかし、主人公とボスの二人を並べて比べると、よく似ている気がする。いや、クラヴィスの要素を二つに分け、ジョン・ポールも二つに分け、それらを交換すると、トァンとミァハになるのだ。

 クラヴィスのロジックにジョン・ポールのエモーションを加えるとトァンに。

 ジョン・ポールのロジックにクラヴィスのエモーションを加えるとミァハに。

なりはしないか?

 

 やはり戯言だったようだ。

 また、会おう。