読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blut unt Weiß

伊藤計劃に感化された一連の文章の群れ。日記、少年マンガを中心とするオタク趣味の感想および世界を変えるための文章が置かれる。御口に合いますれば幸い

おはよう、死柄木弔

ジャンプのっていうか、ヒーローアカデミアの感想を書く。

 先週から、いや、初登場から俺は君に期待していた!死柄木弔!だが、その期待はこれからの君に対する期待の仕方ではなかった。今日までは君に、「無差別型の悪意」を期待していた。存在自体が災害、カオスと破壊、暴力と理不尽の申し子としての悪。漫画版バトルロワイヤルの桐山和雄のような悪を、君に期待していた。ゆえに俺は君に「先生」や黒霧が期待するような「成長」を求めていなかった。君はそのままでいい、外野は余計なことをするんじゃぁない、弔のやりたいようにやらせてやれ、それがまさしく悪の顕現となるだろう、と、そう思っていた。信念型の悪はすでにステインがいる。彼の焼き直しなどいらない。彼はすでに一つの極地を極めた。いまさら二番煎じなど格を落とすだけだ。そう思っていた。

「信念なき殺意に何の意義がある!?」

ステインはそういった。俺はステインのシンパでもあるから、この言葉に深くうなずく。うなずくがしかし、今ははっきりこう言おう。

「人を殺すのに理由がいるのか?」

殺意には存在それ自体に意義がある!いや、意義などという単語を超えた実存がそこにある!人は人を殺す!理由なく!理由なき殺意こそが本物だ!

しかし!まさか!なんということだ!!君が!信念を獲得するどころか!原点へ帰ろうとは!!信念型の悪の究極形、伊藤計劃いうところの世界精神(ヴォルトガイスト)型の悪へと回帰せしめるとは!!(もっとも、伊藤計劃の定義するところのそれとは微妙に違うのだが。わたしと悪の分類というか定義づけが異なる。しかしあまりにもよく似ているし、なにより世界精神(ヴォルトガイスト)という単語がかっこよすぎるので今後も積極的に流用していく。

 

「今日からこれを「信念」と呼ぼう」

 

おはよう、死柄木弔。君は今日から君が本来そうであった姿へと回帰した。

道徳を焼き尽くせ!平和を踏みにじれ!そんなものがただの虚構、ごっこ遊びにすらならぬバッドジョークに過ぎないことを世界へ証明して見せろ!!

世界を、世界観を暴け!

概念を破壊しろ!!

それが、それこそが!

俺が君に期待する未来(これから)だ!!

究極の悪の顕現だ!!

君にはその才能が!

その力が!

何より理由が!

あるんだろう!?

オールマイトが赦せないんだろう!?

お前を救えなかった能無しが!それでもヘラヘラ笑う顔が!

それを崇める世界が!!

壊さずにはいられないんだろ!?

 

さぁ、ショウをはじめよう!!

 

信念と感情が一致したとき、それは運命になる。

 

 

俺は、君を、待っていた。