Blut unt Weiß

伊藤計劃に感化された一連の文章の群れ。日記、少年マンガを中心とするオタク趣味の感想および世界を変えるための文章が置かれる。御口に合いますれば幸い

人間の素晴らしさについて

 人工知能の進歩などによって、近年、人間固有の価値とは何か、人間の素晴らしさとはなにかが問われている。いや、それは昔から問われているか。それを問うことそのものが人間の価値の一つなのだろう。

 

 さっき思いついたその一つの答えをここに記す。それなりの良さを感じたからだ。

 

 「人間の固有の価値、意義、能力とは、虚構をそれと知りながら信じることができる能力のことだ。」

 

 この世に神はいない。宇宙を創りたもう造物主については知らんが、人間が祈るに足る、救いの神はいない。これは真実といっていいと思う。

 この世にヒーローはいない。英雄はいない。愛も正義もない。常識だろう?

 

 だが、わたしはそれを知識として、常識として知りながら、知ったうえで、それを信じることができる。信じていなければできない行為を重ねる。信じていることを前提にして生きる。信じているとみなされるようにふるまう。断固として。

 わたしを救う神はいない。だが、わたしは神を信じる。ヒーローはいない。この世に救いも正義も愛も存在しない。

 だが、わたしはそれを信じて行為する。あり得ないものをあるものとして、それの存在を自明の前提として行為する。

 そうする理由はもろもろあるが、ここでは述べない。その理由すら虚構だから。

 だが、ヒントは残そう、「行為が先、物語は後、だ」それが理由だ。

 意識とは後付けの物語だ。物語とは虚構だ。だが、それはある。ないものがある。それが生きるということ、ではないか?

 

 よくわからなければ貨幣のことを考えろ。サンタクロースでもよい。どちらでも同じことだ。わかりやすい方で考えろ。

 

 

 わかりにくく、また役にも立たない話ですまない。おわり。

 

一度書いた文章が消えた時

 書いた文章が手違いか仕様か何かで消えちまった時、それなりにイラっとするわけだが。とくにドヤ顔でターンッみたいなノリで打ち込んだ時に消えると脳が揺れる、瞋恚(しんい)によって。

おもわず

 

俺のドヤ顔を返してくれ、

 

とつぶやいた。「ドヤ顔を返してくれ」、すごく、俺らしい言い回しだと思い感動した。俺の苛立ちを独創的に表現できたぜぇ~っみたいな満足感が得られたので諸々事なきを得た。

 

 

おわり。

ジャンプ31号の感想+お知らせ

理由なく始まりは訪れ

終わりはいつだって理由を持つ

───浜崎あゆみ

 

 どうも、いつものです。

続きを読む

殴り書き

 はじめに物語ありき。何かに意味を見出すという行為は物語を語るということに等しい。存在を条件によって定義づけるという発想がそもそも愚かだったのではあるまいか。

 数年前、少なくともこのブログ開設当時にはすでにこの発想には至っていたはず。徹底が足りない。徹頭徹尾、万物万象、この立場から語り直されなければならない。

 真理は明確に言葉で語りえず、ただ物語ることによって示されるのだ。

メモ───ヒーローの分類

 いろいろ(言葉だけ)思いついた。いつかひとつの体系、考察として芽吹くことを願って。(いくつかのルビと漢字を更新 2017/07/02)

 

ヒーローの分類。

象徴カリスマ

ex.スーパーマンキャプテン・アメリカオールマイト空条承太郎

 

咎人スティグマ

ex.緋村剣心バットマン

 

堕天ダークネス

ex.エミヤオルタ

 

純化アンチ

ex.ステイン、斎藤一

 

無名ネイバー

ex.忍野メメ

 

そして

救世主メシア

ex.鹿目まどか

 

 

 

 

 

続きを読む

ジャンプ30号の感想+α

オイラーを読め、オイラーを読め、オイラーを読め。

オイラーは我々すべての師だ。

───ラプラス

 

 どうも、源頼光は先週の火曜に引けました、門倉亜人です。二日でできる育成が終わりました、しばらくスキルには手を付けられません。まぁ高レアアタッカーはステータスが一番重要なのでスキルは後回しでいいんです、えぇ。負け惜しみじゃありません、・・・本当ですよ?(ス並感)

 

 さて、ジャンプを読みましょう。

続きを読む

ジャンプ29号の感想+α

スキル石が足りねぇ

───門倉亜人

 

 どうも、好きな☆五サーヴァントは源頼光、門倉亜人です。ちなみに現時点で引けていません。

 ジャンプの感想です。

 

続きを読む